芸能・エンタメ

    bunbougu_cutter
    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 19:17:00.56 ID:tyd/DjRf9
    ◆ 《身柄確保の衝撃写真》有名美熟女モデルは新幹線ホームから男を追いかけ、刃物で顔を切り付けた

    「本当に一瞬の出来事でした」

     事件を目撃した売店店員は衝撃の光景をこう振り返った。

     事件が起きたのは5月18日(土)の夕方。場所はJR熱海駅の東海道新幹線改札口付近で、女がカッターナイフで男性の顔を切り付けたという。付近に血しぶきが飛び散り、湯治客で賑わっていた駅構内は凍り付いた。

    「新幹線のホームから突然、男性が階段を駆け下りてきたのです。男性が改札にたどり着き、足を止めた瞬間、後ろから追いかけてきた長い髪の女性がカッターナイフで男性の右頬を切りつけました。

     真っ赤な切り傷からは、骨みたいなものも見えました。男性は頬を手で押さえながら在来線の出口方向へ走り、女性もまた追いかけて走っていきました」(同前)

     逮捕されたのは大阪市在住の女(43)、被害者は東京都港区の自営業男性(34)。実はこの女、グラビア界ではよく知られた女だった。

    「その後の調べで、犯人は雑誌などで活動しているグラビアモデルの岩本和子だと判明しました。癒し系グラドルの井上和香によく似た美人です」(地元紙記者)

     岩本が芸能界デビューをしたのは36歳。きっかけとなったのは「第3回国民的美魔女コンテスト」への応募だった。

    「当時はOLとしてIT系の会社に勤務していました。交際していた14歳年下の外国人男性に振り向いてほしくて、エステやネイルに通うようになり、コンテストも彼を喜ばせるために応募したそうです。その頃はまだ地味で垢抜けませんでしたが、身長167センチのグラマラスなスタイルが審査員の目にとまり、ファイナリストに選ばれました」(芸能プロダクション関係者)

     その後、タレントとしてデビューするも鳴かず飛ばず。しかし39歳のときにスマートフォンで自撮りした動画をDVDにして売り出したところ、オリコンデイリーチャートのDVD総合ランキングで1位を獲得したのだ。

    「アラフォーとは思えない容姿で“奇跡の42歳”などと持て囃され、仕事が激増しました。写真集は『神秘』(光文社)など売れ行きも好調で、DVD『癒しらいぶ~ほんのり好きでいて下さいませ~』(ゴマブックス)もオリコンデイリーチャートのDVD総合ランキングで1位を獲得しました。今年3月には遠藤憲一主演のドラマ『さすらい温泉遠藤憲一』(テレビ東京系)に旅館の女将役で出演。5月公開の映画『魔睡』では濡れ場を披露した。かなりの遅咲きとはいえ、芸能活動も軌道に乗り、順調でした」(同前)

     ブレイク後、岩本は「NEWSポストセブン」のインタビューに自らの身の上話をこう披露している。

    「鳥取県で生まれ、会社を営む母の実家で両親と弟の4人暮らしでした。母は教育ママで気位が高い人でしたが、父は12歳の時に家を出て行ってしまったので、思い出はあまりありません。(中略)誰かにかまってほしくてSNSで自撮り画像を投稿するようになったのが今の私の原点であり、当時の生きる糧でした」(19年3月19日付)

     しかし、グラドルとしての人気とは裏腹に、プライベートでは自らの感情を抑えられず、不穏な動きを見せていた。

    「SNSにはいつも自身の日常やセクシーな写真がアップされていたのですが、今春に入り、突如《殺される》といった意味不明なつぶやきが始まったんです。その後も《レイプされて妊娠した》などとして、特定男性の実名を公開するなど、ネットでは彼女の精神状態を心配する声が多数上がっていました」(同前)

     現在、岩本容疑者のフェイスブック、ツイッターは既に閉鎖されているが、文春オンラインでは事件前の書き込みを入手。実際、ツイッターにはこんなコメントがアップされていた。

    《皆さ、あお母さんさようなら どうか〇〇〇〇に極刑を……傘¥み様……かみさmあ》
    《もうだめだ》
    《助けて》
    《警察は殺されないと来てくれない》
    《助けてください 殺されます》

     伏せ字にした「○○○○」は、今回の被害男性の実名だ。

     同時期のフェイスブックでも同様に、不穏な書き込みが並んでいた。

    《○○○○という男に殺される 助けてください。。誰か》
    《生まれてきてごめんなさい。お母さん ○○○○なんかに殺されてごめんなさい》
    《相手 〇〇〇〇 理由 レイプによる妊娠》

     なかには《2019年5月13日 16週4日》という直筆のメモとともに、胎児が写ったエコー写真もアップされていた。これが本人のものなのかは不明だ。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    2019年5月31日 16時25分 文春オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/16546722/

    引用元: ・【週刊文春】新幹線ホームから男を追いかけ、刃物で顔を切り付けた有名美熟女グラビアモデルの岩本和子容疑者を逮捕

    【【週刊文春】新幹線ホームから男を追いかけ、刃物で顔を切り付けた有名美熟女グラビアモデルの岩本和子容疑者を逮捕 】の続きを読む

    music_alto_saxophone
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/30(木) 20:41:02.85 ID:zTF5AuuE9
    元プロ野球選手・桑田真澄氏の息子でタレントのMatt(24)が30日、公式ブログを開設。自己紹介コーナーで「身長:182センチ(最近また伸びましたw)」と報告。
    体重も64キロと公表した。「来歴」として独学で音楽を学び、ピアノとバイオリンを始めたこと、「同時に小学6年間は野球もやっていました」とも明かした。

    中学では野球をやめ、吹奏楽部でドラム・フルート・アルトサックスなどを担当。
    高校は、「楽器推薦」で堀越学園に進学し、吹奏楽団に入団。
    アルト・ソプラノサックスを担当し、2年生の秋から団長(部長)になったという。
    大学も「楽器推薦」で桜美林大学に入学。芸術文化学群に進み、大学4年生の時には、アメリカへ留学。卒業と同時に「タレント活動を始めました」としている。

    また、現在は「音楽・タレント・モデル・メイクアップ、タキシードや着物のデザイナーとして活動しています」と自己紹介した。

    また、モデルとしての活動については「大学一年生の時にブライダルモデルを始め、この頃からメイク・スキンケアを覚えました」と説明。
    「モデルをやりながら、タキシードやお着物、袴のデザイン&プロデュースもしてます」と記している。

    コメント欄には「待ってました」「楽しみです」と公式ブログ開設を喜ぶ超えにまじり、「かわいい リカちゃんのボーイフレンドみたい」というメッセージも届いていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16542381/
    2019年5月30日 20時1分 デイリースポーツ

    no title

    引用元: ・【芸能】Matt 身長182cm「最近また伸びました」 「楽器推薦」で桜美林大も明かす

    【【芸能】Matt 身長182cm「最近また伸びました」 「楽器推薦」で桜美林大も明かす 】の続きを読む

    building_petshop_dog_cat
    1: 豆次郎 ★ 2019/05/30(木) 13:24:47.14 ID:w5/nOeUV9
    2019/5/30 13:16 (JST)
    ©TABLO

    YouTuberカップルのえむれなが「親戚の家で生まれて保健所行きになる犬を保護した」という嘘がバレて炎上騒ぎになっています。その後、嘘を認め謝罪するも「なんで嘘つくの?」と炎上は収まらず。

    カップルYouTuber「えむれな」として活動するふくれなとM君。その二人が5月6日に投稿した動画で「嬉しいご報告があります!!!」とボストンテリアの子犬を迎え入れたことを報告。

    『親戚の家でボストンテリアの子犬が生まれました。でも、そこでは飼えないらしくて』

    『オレの親に、「ちょっと子犬一匹、飼手探してるんだけど飼えないかな」って言われたらしくて。そこからオレのところに(相談が)来たんですよ』

    と、飼う事になった経緯を説明するM君。そして、ふくれなも『その子にとってはすごい嬉しいことだと思う。保健所とかに、もしかしたら行ってたかもしれないし』とコメントしていました。

    しかし、後日Twitterでそれが全て嘘だったという事が発覚します。

    『ふくれな? とか言うYouTuberが新しく飼ったボストンテリアの子、私が原宿のペットファーストで飼おうか悩んでた子と一緒の子だと思うんだけど知り合いが飼い主が見つからなくて引き取ったとか美談にしててなんで嘘つくんだろーなあって思った』

    と、ペットショップで見た子犬にそっくりだというツイートが投稿されたのです。

    写真を見てみると、確かに模様も一致していてそっくりです。

    Twitter上でも「完全に一致」と同じ犬なのではないかという声が多く寄せられ、騒動になっていました。


    それを受けてえむれなは、「SNSの指摘の件について」という動画をYouTubeに投稿。指摘されていた通り、ペットショップで子犬を飼った事を認めて謝罪しました。

    嘘をついた理由としては『ペットショップで買ったと言ったら、「ミルと入れ替えたんじゃないか(以前、飼っていたボストンテリアのミルを大きくなったから家族に押し付けて新たに子犬を迎え入れたという意味と思われる)」って言われるのがすごいイヤで。パクをそういう目で見られるのがイヤだった』『YouTuberはペットショップでペット買うと「なんで保健所で引き取らないんだ」って言われる』と説明。

    『どんな理由であれ、ウソをついたことには変わりないので、本当にすみませんでした』と謝罪していました。

    しかし、いまだ炎上は続いており、

    「最悪ですね。最初から正直に話して欲しかったです。」

    「嘘ついた理由も結局自分たちの身を守るため、好感度を守るため。犬が身代わりみたいに見られるのがイヤじゃなく、身代わりの犬を飼ってるって思われるのがイヤなんだよね?」

    「いや、普通に怖いわ よくもこんなベラベラ嘘言えるよね」

    「もう信用できないよ。この動画で話してる事も嘘が含まれてるでしょ?」

    といった苦言が多数寄せられています。しかし、中には

    「嘘つくのはよくないし信頼を失いかねない行為だと思うけど、ペットショップで買うと文句言ったり色々邪推されて批判されたり、嘘を吐かせちゃう環境を作り出したのは完全に視聴者だよね。」

    「確かに嘘は良くないけど言い訳にもなんか納得できるとこもあったな」

    といった二人を擁護する声も。

    叩かれるのが嫌で好感度を上げたいのであれば、実際に保健所から犬を引き取ればよかったのではといった声もありました。どんな経緯にせよ、新しく迎え入れられた子犬が幸せに暮らしている事を願うばかりです。(文◎絹田たぬき)

    https://this.kiji.is/506682782513366113
    no title

    引用元: ・【YouTuber】「保健所に行く犬を保護した」 息を吸うようにペラペラと嘘をつくカップルユーチューバー・えむれなが大炎上

    【【YouTuber】「保健所に行く犬を保護した」 息を吸うようにペラペラと嘘をつくカップルユーチューバー・えむれなが大炎上 】の続きを読む

    drug_taima_ha
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/30(木) 21:31:37.50 ID:zTF5AuuE9
    元KAT-TUNメンバーの田口淳之介容疑者(33)と、内縁関係にある女優の小嶺麗奈容疑者(38)が、大麻取締法違反(所持)容疑で、5月22日に現行犯逮捕された。

    田口と小嶺を逮捕した関東信越厚生局麻薬取締部(以下、麻取)は、22日の午前中から世田谷区内の自宅を数時間にわたって家宅捜索し、2人が大麻を所持していたと判断。
    部屋からは「グラインダー」と呼ばれる、大麻を砕く器具や、吸引に用いる巻き紙なども押収したという。

    5月30日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、田口と小嶺の大麻使用の実態について、より詳しく報じている。

    「『新潮』の記事によると、麻取の捜査員が部屋に踏み込んだところ、隠す様子もなく無造作に乾燥大麻が置かれていたということで、その常習性や罪の意識の低さがうかがえます。
    また、2人が使用していたのは大麻の『リーフ(葉)』ではなく、『バッズ(花穂)』だといいます。
    バッズは大麻草のなかでも幻覚成分を最も多く含んでいる部位ですから、大麻にかなり依存していたんでしょうね」(スポーツ紙記者)

    同日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、過去に小嶺が交際していた相手は、六本木でサパークラブを経営する元俳優で、同店はドラッグの噂が絶えない店として知られていたと報じている。
    さらに、小嶺は15年以上前から大麻に手を出していたという。

    「元交際相手の影響で大麻にハマッていったのかもしれませんね。
    小嶺は当時、西麻布にあった喫煙器具を取り扱うショップの常連で、1人で来店すると、今回の逮捕でも押収されていた、大麻上級者が使う『グラインダー』を購入していたといいます。

    また、毎年夏になると大麻繊維のサンダルなどを買いにきていたということで、ファッションも大麻で統一するほどの“大麻信奉者”だとも報じられています」(前出のスポーツ紙記者)

    田口と小嶺の交際が発覚したのが2007年。ジャニーズ事務所は何度か小嶺との交際をとがめたが、田口が応じることはなく、
    その後、事務所から「彼女とKAT-TUNのどちらを取るんだ」と迫られると、田口はあっさりと「じゃあ辞めます」と言ったと、同じく『文春』は伝えている。

    田口は2016年3月にはグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退所。

    「ジャニーズ事務所からの退所も、小嶺の意向に沿ったものなのかもしれませんね。
    今回の『文春』、『新潮』の報道を見るに、大麻使用歴の長い小嶺に誘われて田口は大麻にのめり込んでいったと考えられます。

    田口は麻取の取り調べに対し“10年ほど前から大麻を使い始めた”と供述。KAT-TUNとして活動していたときから大麻を使用していたことが明らかになり、ファンを失望させました。
    ファンを裏切っても罪悪感を感じないほどに、小嶺と大麻に魅了されていたんでしょうかね……」(芸能プロ関係者)

    これから田口と小嶺を待つのはどんな運命なのか。審判の日を待ちたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1850253/
    2019.05.30 20:30 日刊大衆

    引用元: ・【芸能】小嶺麗奈「田口淳之介を狂わせた」大麻上級者の衝撃手口

    【【芸能】小嶺麗奈「田口淳之介を狂わせた」大麻上級者の衝撃手口 】の続きを読む

    pet_sanpo_lead
    1: muffin ★ 2019/05/30(木) 17:22:30.89 ID:O2eg3Xyj9
    https://sirabee.com/2019/05/30/20162090756/
    2019/05/30

    俳優の松重豊が29日、自身のツイッターを更新。朝の挨拶を無視した理由について語り、ファンから共感の声が相次いでいる。

    「リード外して、犬遊ばせてる人から、朝の挨拶されても、悪いが、無視するよ」と、独特の区切りで投稿した松重。

    相手が芸能関係者なのか知人なのか、それともただの近所の人なのか具体的な言及はないものの、いずれにせよ、名の知れた俳優が挨拶を無視するというのは、それなりにリスクの高い行為と言える。それでも思わず無視してしまうほど、危険に感じたのだろうか。

    この投稿に対し、ネット民からは共感の声が相次ぐことに。

    「マナーの問題ですよね。たぶん向こうは悪気がないのだろうけど…それが一番たちが悪い」
    「自分は犬苦手なので(見るのは好きです)リード外してるのは色々な意味で怖いですし嫌ですね…非常識ですよね。松重さんの苦言で改めてくれる人が一人でもいれば良いのですけれど…」
    「自分、犬アレルギーなので、放たれた犬は小さくても怖いです。のび太くんばりに逃げます」
    「犬嫌いからしたら戦慄ものですよコレ……非常識極まりない。百歩譲って伸びるリード付けているのならまだいいけれどあれも苦手です。みんながみんな犬好きではないので」
    「わかります。先日友人がリードを外して散歩させてた犬に飛びつかれて転んでけがをしました」

    中には犬嫌いの人や、アレルギー持ちの人から体験談も寄せられることに。犬を自由にさせてやりたいという親心なのかもしれないが、本当の親なら、子供を加害者ならぬ加害犬にさせないようにするべきだろう。松重の訴えを機に、少しでもマナーを改めるダメ飼い主が減ってくれればいいのだが。

    https://twitter.com/mattige3/status/1133626342728015873
    松重 豊@mattige3
    リード外して、
    犬遊ばせてる人から、
    朝の挨拶されても、
    悪いが、無視するよ。
    15:49 - 2019年5月29日
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【俳優】松重豊「リード外して、犬遊ばせてる人から、朝の挨拶されても、悪いが、無視するよ。」

    【【俳優】松重豊「リード外して、犬遊ばせてる人から、朝の挨拶されても、悪いが、無視するよ。」 】の続きを読む

    このページのトップヘ