健康・医療

    nouyaku_sanpu
    1: みんと ★ 2019/05/14(火) 16:19:44.87 ID:JRLzXrpH9
    アメリカで大手農薬メーカー、モンサントの除草剤を使っていて、がんを患ったとする夫婦が賠償を求めていた裁判で、カリフォルニア州の裁判所の陪審は夫婦側の訴えを認め、約2200億円の支払いを命じる評決を出しました。

    この裁判は、カリフォルニア州に住む70代の夫婦が、約30年間にわたって「ラウンドアップ」と呼ばれるアメリカ大手農薬メーカー「モンサント」の除草剤を繰り返し使っていて、がんを患ったとして賠償を求めていたものです。

    カリフォルニア州の裁判所の陪審は13日、夫婦のがんと除草剤の因果関係を認め、去年、モンサントを買収したドイツ医薬品大手の「バイエル」に対して、20億5500万ドル(日本円で約2200億円)の支払いを命じる評決を出しました。

    巨額の賠償額のほとんどは、「バイエル」に対する懲罰的な賠償だということです。

    アメリカのメディア、ブルームバーグによりますと、陪審による賠償額としてはことしに入って最も多く、商品をめぐる賠償では史上8番目に高額だということです。

    一方、バイエルは声明を出し、「今回の評決に失望している。夫婦ががんを患った原因は、ほかにあることは明白だ」として上訴する意向を示しました。

    この除草剤をめぐっては、全米で同様の訴訟が1万3000件以上起こされていて、去年8月の1件目以降、今回で3件連続で賠償が認められたことになります。

    NHKニュース 2019年5月14日 14時45分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190514/k10011915591000.html

    引用元: ・【米国】除草剤「ラウンドアップ」でがんに メーカーに2200億円の賠償命令

    【除草剤「ラウンドアップ」でがんに メーカーに2200億円の賠償命令 【米国】 】の続きを読む

    sick_kyukyusya_yobu_man
    1: ひかり ★ 2019/05/13(月) 10:00:03.66 ID:SoopfQBk9
     俳優・反町隆史(45)が今月9日に、体調を崩し路上に座り込んでいた25歳の女性を救護していたと、13日放送のフジテレビ「めざましテレビ」が報じた。

     番組が救護された女性が後日に経緯を記したツイッターが話題になっていると紹介し、女性への取材をもとに伝えた。

     それによると女性は、9日夕方、東京・大鳥居駅のホームで高熱と手足のしびれで動けなくなり、その場にいた会社員男性に介助されて、駅を出て自宅に向かった。
    しかし、途中で動けなくなり路上に座り込んでいたところに、反町と知人男性が現れ、事態を知ると、会社員と3人で女性を自宅まで送った。

     女性が家に入り、ドアの内側でまた動けなくなると、外側で察知した反町らが救急車を呼び、救急隊が到着するまで待っていたという。

     女性は当時は意識がもうろうとして誰が助けてくれたか分からなかったが、後日に連絡がついた会社員にお礼を伝えたところ、一緒に助けたのが反町であることを
    知らされたという。

     番組の取材に、反町の所属事務所が、救護したうちのひとりであることを認めたという。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000041-dal-ent

    引用元: ・【芸能】反町隆史 路上で体調不良の女性を助け救急車呼ぶ…知人らと 「めざましテレビ」報じる

    【【芸能】反町隆史 路上で体調不良の女性を助け救急車呼ぶ…知人らと 「めざましテレビ」報じる 】の続きを読む

    music_headphone_woman
    1: スヌスムムリク ★ 2019/05/12(日) 15:20:47.02 ID:pE/QD2w99
    悲しみを洗えるのもまた、悲しみなのかもしれない。

    南フロリダ大学の研究者らが、うつ症状のある人は悲しい音楽を好むという研究結果を発表した。
    将来、音楽療法や音楽セラピーに応用できる可能性がある。

    研究は「journal Emotion」に掲載された。

    研究に協力したのは、半数がうつ病と診断された同大学学部生の女性76人。幸せな音楽と悲しい音楽を両方聴かせ、感じたことを説明してもらった。

    幸せな音楽はジャック・オッフェンバックの『天国と地獄』、悲しい音楽はサミュエル・バーバーの『弦楽のためのアダージョ』だ。

    ■音楽:サミュエル・バーバー『弦楽のためのアダージョ』
    https://www.youtube.com/watch?v=izQsgE0L450



    検証の結果、うつ症状のある人々は悲しい音楽のほうに好感を示しただけでなく、幸せな気分になったりリラックス効果も得ていたことがわかった。

    これは「悲しい音楽を聴くと気分が落ち込む」といった一般的なイメージに反するものだろう。

    ただ、落ち込んだ人に運動会でお馴染みの『天国と地獄』を聴かせたらそりゃ悲しいほうを選ぶよね、という気がしないでもないが、この研究は2015年に同様の結果を示した先行研究の再現だそうだ。直感的にも理解しやすく、結果自体は信頼性がありそうだ。

    また2016年の研究では、悲しい音楽を好む人の傾向として「共感力が高く、悲しい音楽を聴いたときの感情の動きを楽しむ」ということが指摘されている。

    うつ症状のある人々が悲しい音楽を好むのは必然的なことなのかもしれない。

    音楽療法は、痛みの緩和や心身の健康の回復など、あらゆる分野に採用されている。悲しい音楽は音楽療法では一般的ではないが、この研究が患者とのコミュニケーションの一助になることを願う。

    ソース:Nazology(2019/05/12)
    https://nazology.net/archives/37553

    引用元: ・【音楽療法】うつ症状のある人は「悲しい音楽」を聞くと気分がよくなる 南フロリダ大学が研究結果を発表

    【【音楽療法】うつ症状のある人は「悲しい音楽」を聞くと気分がよくなる 南フロリダ大学が研究結果を発表 】の続きを読む

    building_fukushima_daiichi_genpatsu_after
    1: ガーディス ★ 2019/05/11(土) 15:29:18.63 ID:FDzL2i0L9
    イオンリテール(千葉市)は10日、昨年から首都圏の店舗を中心に設置している福島県産水産物「常磐もの」を扱う専用コーナー「福島鮮魚便」を、
    イオンスタイル北戸田(戸田市)とイオン与野店(さいたま市中央区)にも開設した。
    イオン浦和美園店(同市緑区)、イオンスタイルレイクタウン(越谷市)など計10店体制で鮮魚をPRし、2011年の東日本大震災の風評払拭(ふっしょく)や消費拡大を促進する。
    同日、与野店で開かれた式典には内堀雅雄福島県知事らが出席し、購入を呼び掛けた。

    福島県の太平洋側の地域「浜通り」沖は、暖流の「黒潮」と寒流の「親潮」が交わる豊かな漁場。
    カツオやヒラメなど約2百種が水揚げされ、それらは「常盤もの」と称され、高い知名度を誇る。

    しかし、東日本大震災を受け東京電力福島第一原発事故が発生。その影響で、漁獲や出荷が規制され、地域の農水産業は大打撃を受けた。

    16年6月に同県産のヒラメとマアナゴが規制解除されたのを皮切りに、各種魚類で解除が進んだ。
    ただ事故から8年経った現在でも、風評被害などの影響で試験操業が続くほか、海外23カ国で同県産水産物の輸入規制を解除していない。
    そのため行政、漁業団体、イオンリテールの3者で連携し、昨年から状況好転と消費拡大を目指し「福島鮮魚便」を開始した。

    内堀知事は「海外では輸出規制が続く国もあるが、関係先と連携して『常磐もの』の鮮度や安全性を地道にPRし、国内外で消費拡大に努めたい」と力を込めた。
    同県の漁協組合連合会の野崎哲会長やイオンリテールの後藤俊哉副社長も3者による取り組み紹介のほか、魅力を訴えた。

    「福島鮮魚便コーナー」との名称が付いた専用販売棚には、前日に水揚げされ検査をクリアしたサバ、ヒラメなど10種類以上が並んだ。
    店員が常駐する対面コーナーなどもあり、来店客は調理方法などを聞きながら購入していた。

    http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/05/11/08.html
    no title

    引用元: ・【首都圏だけで販売】イオンに福島県産水産物だけを扱う専用コーナー誕生 県知事「海外では輸出規制が続くが安全です」

    【イオンに福島県産水産物だけを扱う専用コーナー誕生 県知事「海外では輸出規制が続くが安全です」【首都圏だけで販売】 】の続きを読む

    dink_koorimizu
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/05/11(土) 16:57:09.21 ID:6BxpWoHA9
    2019/05/11 11:00

    Text by
    編集部K


    『Daily Mail』は8日、「ペルーでの試合後に冷水を飲んだ選手が死亡した」と報じた。

    死亡したのはルドウィン・フローレス・ノレという27歳のアマチュア選手で、ペルー北西部のスヤナ州にあるロス・ランヘルスに所属していたという。

    地域リーグの試合に出場した後すぐに帰宅し、妻から渡された冷たい氷水を飲んだところ、胸の痛みを訴え始めたとのこと。

    妻は体調不良となった彼を近くの病院へと運んだものの、その道中でルドウィン・フローレスは死亡した。



    "
    ルドウィン・フローレスの妻

    「医者は、『彼の身体がまだ熱いうちにあまりにも多くの冷たい水を飲んだため、心臓発作を起こしてしまった』と話していた」
    "



    運動後すぐに冷水を体に入れたことによって心臓の血管が反射行動を起こし、心拍数の変化をもたらしたと推測されているそう。
    https://qoly.jp/2019/05/11/peru-footballer-died-of-cardiac-arrest-after-drinking-glass-of-ice-cold-water-kgn-1

    引用元: ・【ペルー】 試合後に氷水を飲んだ選手が死亡 2019/05/11

    【注意喚起!【ペルー】 試合後に氷水を飲んだ選手が死亡 2019/05/11 】の続きを読む

    このページのトップヘ