2019年02月

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/02/24(日) 13:30:39.91 ID:+Sng6mJ49
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190224-00556904-shincho-soci

    早稲田大学のサークル「スーパーフリー」による輪姦事件が発覚したのは2003年。
    稀代の鬼畜集団を束ね、仲間内で「和田サン」と奉られていた和田真一郎氏(44)には懲役14年の刑が下った。
    その本人が昨年、ひそかに刑務所を出所。懺悔と贖罪の念を吐露した――。

    塀の外へ出て、最初に口にしたのはステーキでした。15年ぶりの肉の塊は、この世のものとは思えないほど美味で、
    長らく味わうことが許されなかったご馳走を前に、冗談ではなく本当に涙が出そうになりました。

    その日は晴天で、朝からとても蒸し暑かった。いつも通り6時半に起床し、身支度を整えて看守さんに挨拶し、
    門をくぐり抜けて建物を背にすると、そこには家族や親類の姿はなく、かわりに現在お世話になっている篤志家の
    社長さんが迎えに来てくれていました。

    私が千葉刑務所を満期出所したのは昨年6月29日。現在は、服役中に受講した「就労支援」制度のご縁で今の社長さんに
    採用して頂き、仕事に就いています。朝から夜遅くまで働き、休みは週1日。でも、社会復帰したんだなという思いは強く感じています。

    〈インカレサークルを舞台にした「スーフリ事件」から15年余り。一連の事件では、早大のほか東大、慶大、学習院など
    有名大の学生ら14人が逮捕され、和田氏は3件の準強姦罪で起訴された。公判では、泥酔した女性の“まわし”(輪姦)が
    和田氏の指示だったとの証言が次々飛び出し、当時代表だった和田氏は「主犯」と認定された。2005年11月、最高裁で
    懲役14年という最も重い刑が確定。出所後は、ある地方都市で暮らしている。〉

    最初に逮捕されたのが03年の6月ですから、ちょうど15年間、塀の中で過ごしてきました。その間、仮釈放は一切認められなかった。
    事件の性質にもよるのでしょうが、ことに性犯罪では認められにくいのだと聞きました。

    久しぶりに社会に出て、一番びっくりしたのは「スマホ」です。刑務所にいる時から存在は知っていましたが、実際に触ってみて
    “こんなものがあるんだ”と、15年の長さをいやでも感じさせられました。また出所の日に寄ったスーパーマーケットでは、
    刑務所と違ってモノが溢れていて、長いこと食べたいと思っていたご馳走も並んでいた。それを眺めながら思わずめまいに襲われた私は、
    迎えに来てくれた社長さんに「昼は何が食べたい?」と聞かれてとっさに「ステーキです」と答え、ご馳走してもらったというわけです。

    実は今、仕事上では別名を名乗っています。今でも私の名前をネットで検索すれば、過去の所業が一発でわかってしまう。
    身から出た錆とはいえ、周囲にばれたらどうしようかと、本当は戸籍の名前そのものを変えたかったのですが、なかなか具体的な
    手段や機会が見つかりませんでした。

    私のしたことは当時、世間で大々的に報じられました。今、あらためて事件について触れれば、被害者の方にとっては忌まわしい
    記憶を呼び起こされる形となり、再び辛いお気持ちにさせてしまうことになるかもしれません。出所後は一切表に出ず、残りの人生を
    社会の片隅でひっそり送っていく覚悟でいました。

    ですが、一方で犯した罪への償いは、単に刑期を終えただけでは不十分なのではないか。そうも考え、なぜあんな卑劣な行為に
    及んだのかをお話しすることで、ご迷惑をかけた世間からの「問い」に少しでもお答えできればと思い、今回、取材に応じることにしました。

    印刷工場から炊事場へ

    03年6月に逮捕されてから、私はまず警視庁品川署に留置され、起訴された後は東京拘置所に移されました。公判中はずっと独居房で、
    外界との接点が新聞とラジオしかなく、初めは精神的重圧で押しつぶされそうになりました。仲間は口を揃えて「和田に言われて仕方なくやった」
    と供述し、当時は裏切られたと感じたものですが、今では“自分が彼らの立場だったらそう言うだろうな”と思えるまでになりました。

    そのうちラジオのニュースで共犯の判決を知ることとなり「きっと自分はこれより重いのだな」と、14年の想定はできていました。
    おかしな話ですが、刑が確定すると、かえって重圧から解放されたような感じがしたものです。

    ※以下、全文はソースで。

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550968368/
    1が建った時刻:2019/02/24(日) 09:32:48.13

    引用元: ・【社会】早大スーフリ事件「和田サン」懺悔録。現在は別名、15年の“塀の中”生活を明かす★2

    【【社会】早大スーフリ事件「和田サン」懺悔録。現在は別名、15年の“塀の中”生活を明かす★2 】の続きを読む

    1: 焼き鳥定食 ★ 2019/02/23(土) 17:22:11.47 ID:c5FqytHz9
    出会い系サイトで女性会員と連絡先を交換する費用として約2千万円をだまし取られたとして、60代男性が振込先口座の名義の会社などに損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、福岡地裁であった。古市文孝裁判官は、口座名義の会社などに2162万円の支払いを命じた。

    判決によると、男性は2015年7~9月、指定された口座に計1966万円を振り込んだ。サイトでは、連絡先の交換のためには費用を支払い会員のグレードを上げる必要があるとされていた。しかし、振り込んでも交換はできず、その後サイト自体が閉鎖された。

    判決は、「サイト運営者は、連絡先を交換させるつもりはないのに、できるかのように装い、現金を詐取した」と認定。

    被告側は「サイト運営に携わっていない」などと主張したが、判決は「不法行為には振込先口座が不可欠だった」などとし、運営者と被告側に共同不法行為が成立して、被告側に損害を賠償すべき責任があると判断した。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM2Q6H7QM2QTIPE02V.html

    引用元: ・【ネット】2千万円払っても連絡先交換できず 出会い系サイトに賠償命令

    【【ネット】2千万円払っても連絡先交換できず 出会い系サイトに賠償命令 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/02/23(土) 14:47:40.52 ID:fkv2O7SG9
    ◆ 中国ゲノム編集ベビーは「めちゃ賢いスーパーヒューマン」である可能性が浮上

    ・中国の双子に行われたゲノム編集はHIV感染を防ぐだけでなく、超賢い人間を作る可能性。
    ・マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ることで賢くなったり、脳卒中からの回復が早くなったりすることが報告。
    ・遺伝子操作の影響は完全にはわかっておらず、今後も研究を続けその可能性と安全性を確かめる必要がある。

    世界初のゲノム編集ベビーを誕生させたことで、科学コミュニティから総批判を受けた中国の科学者、賀氏。
    彼が双子の胚をゲノム操作した目的は、親のHIVを感染させないことでした。
    しかしこのゲノム編集によって、予想外にも「ものすごく賢い人間」を誕生させた可能性があるようです。

    ■ CCR5を切り取ると認知能力が向上

    中国の双子のDNAからは、CCR5という遺伝子が切り取られていました。
    CCR5とは、血液細胞の表面にあるタンパク質です。HIVウイルスはCCR5とくっつくことで血液細胞の中に入り込めるようになります(参考:「PubMed」)。
    よってCCR5を無くしてしまえば、HIVに感染しないというわけです。

    しかしもちろん、CCR5はHIVを感染させるために細胞に存在するわけではありません。
    カリフォルニア大学の神経生物学者であるシルバ氏は、マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ると、そのマウスが賢くなることを発見しました。

    この研究結果からシルバ氏は、「中国で行われた遺伝子操作は、双子の認知機能にも影響する可能性がある」と述べています。
    また、もともとCCR5がない人は脳卒中からの回復が早いことも雑誌「Cell」に報告されています。

    ■ 遺伝子操作の危険性と行く末

    シルバ氏は中国の双子の件についても触れ、「人の機能低下を治すのと、機能をわざと向上させるのには大きな違いがある。
    さらにその行為が何に影響するかわからない以上、軽率な施術は控えるべきだ」と警鐘を鳴らしました。

    シルバ氏の言うように、後からその危険性が判明した治療法は多々あります。
    例えば見た目の向上のために脂肪吸引術が行われていますが、過去には出血多量でなくなった例があります。
    脂肪に入り込んだ細かい血管や神経などが吸引されることで、どんな影響があるか最初はわかっていなかったのでしょう。

    双子に施された「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャス9)」というゲノム編集技術にしても、CCR5の遺伝子を切り取るために色々な操作が行われ、それに伴い様々な影響が生じます。
    どの段階でも、未知のことが起きている可能性、そして、何らかの影響がある可能性は完全には否定できません。

    しかしアメリカのSF映画「ガタカ」のように、遺伝子操作の使い方を誤り、遺伝子操作された「優れた人間」と自然妊娠で生まれた人間が選別されるような未来は、誰も望んでいません。
    遺伝子操作には多くの可能性があります。遺伝子操作の影響を一つ残らず明らかにすることは不可能かもしれませんが、可能な限り明らかにし、安全性を確かめる努力が必要になるでしょう。



    ■前スレ(1が立った日時:2019/02/23(土) 09:00:29.72)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550888455/

    引用元: ・【研究】中国の遺伝子編集ベビー、エイズ耐性だけでなくIQも超高い“超人類”の可能性浮上 ★3

    【【研究】中国の遺伝子編集ベビー、エイズ耐性だけでなくIQも超高い“超人類”の可能性浮上 ★3 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/02/23(土) 18:18:30.32 ID:tL7fqm7d9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/K10011824031_1902221733_1902221736_01_07.jpg

    電車の中で急病で苦しむ人を見かけたことはありませんか。自分が声をかけようか。いやいや、誰かが助けてくれるだろう。いざ、そうした状況になると勇気がいる行動です。いま、女子高校生が投稿したあるツイートが大きな反響を呼んでいます。(ネットワーク報道部記者 目見田健 玉木香代子)

    “誰も押さない”ボタン
    今月18日正午ごろ、横浜に向かう私鉄の車内で男性の異変に気付いた乗客がつぶやいたツイートが、7万リツイートを超えています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/K10011824031_1902221447_1902221709_01_03.jpg

    投稿したのは18歳の女子高校生のちかさん(仮名)。ちかさんはアルバイトに向かう途中、特急の先頭車両にいました。スーツ姿の会社員などで混み合う車内。そのとき…

    「体調の悪い方がいます!緊急停止ボタンを押してください!」という女性の大きな声が響きました。40代くらいの男性がけいれんしていて、おう吐もしていたそうです。

    電車は特急で次に停車する駅までまだ少し時間があります。車内の後方には、緊急事態が起きた時に乗務員に知らせるボタンがついていました。しかし、体調が悪化した男性の近くにはボタンがありません。

    ちかさんはそのときボタンがある車両の後方に向かって「(ボタンを)押してください!」と叫びましたが、誰ひとり、動こうとする人はいませんでした。

    聞こえていないかもしれないと思い何度も叫びますが反応がありません。ちかさんはしびれをきらしておそるおそる人混みをかき分け、ボタンを押しました。
    周囲の反応にショック!
    電車は緊急停止。アナウンスを通じて車掌が状況を確認し、2分ほどしたあと横浜駅に向けて運行を再開。そのとき、ちかさんは、周りのこんな声を耳にし、ショックを受けます。

    「子どもが押すなよ」
    「あー遅れた!」
    「遅延すると困るじゃないかー」

    ちかさん本人に聞きました。

    「とても怖かったし、多くの大人もいたのに、誰も何もしてくれないんだって自分の判断が間違っていたのかということでも悩みました」
    この電車は神奈川県の横浜駅と海老名駅を結ぶ相模鉄道でした。会社に確認すると体調不良を訴えた男性は、横浜駅で救急隊員によって救助されたということです。

    相模鉄道の広報担当者は、「このボタンは車内で急病人が出た時などに使用するものです。批判があったかもしれませんが女子高校生(ちかさん)がとった行動は間違いではありません」と話しています。
    ■ネットでは称賛の声

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/K10011824031_1902221448_1902221709_01_05.jpg

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/K10011824031_1902221448_1902221709_01_06.jpg

    ■ボタンは何のために?

    電車内のボタン。いったい何のために設けられているのでしょう。ボタンの名称は鉄道会社によって違いますが、「車内非常ボタン」や「車内警報ブザー」などと呼ばれています。

    以下ソース先で

    2019年2月22日 17時36分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190222/amp/k10011824031000.html?__twitter_impression=true

    ★1が立った時間 2019/02/23(土) 14:10:47.88
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550909092/

    引用元: ・【電車】急病で苦しむ人、誰も押さない非常ボタンを押したら「あー遅れた!」「遅刻する」の声…緊急時あなたはボタンを押せますか?★4

    【【電車】急病で苦しむ人、誰も押さない非常ボタンを押したら「あー遅れた!」「遅刻する」の声…緊急時あなたはボタンを押せますか?★4 】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/22(金) 14:10:16.41 ID:CAP_USER
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/02/190222dcm1.jpg
    画像はツイッターをキャプチャ

    元NTTドコモ執行役員でドワンゴの夏野剛社長が2月22日、古巣のドコモに対して「OBとして情けない」とツイッターに投稿した。

    夏野社長は最近紙で請求書が届くように変更した。母親の契約内容を確認すると、大量のオプションが付けられていることが分かった。これについて夏野社長は

    「76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。いくら本人同意とはいえ総務省はこういうのをやめさせるべきじゃないのか。もちろん母は契約時のショップ店員トークを覚えてない」

    とした上で、「OBとして情けない」と投稿した。

    >>2 へ続く

    2019.2.22
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=67684

    引用元: ・【携帯料金】「76歳の母になんてひどい押し売り」ドコモOBのドワンゴ夏野社長、ドコモの大量不要オプションに苦言【お、おう】

    【【携帯料金】「76歳の母になんてひどい押し売り」ドコモOBのドワンゴ夏野社長、ドコモの大量不要オプションに苦言【お、おう】 】の続きを読む

    このページのトップヘ